「トゥーティッキ 心の散歩道」 ~自分と出会う心理学あれこれ~

menu

なおこ心理相談室 〜札幌近郊カウンセリングルーム〜|トゥーティッキ 心の散歩道

あけましておめでとうございます

皆様、こんばんは。

 

札幌市近郊恵庭市のカウンセリングルーム「なおこ心理相談室」の臨床心理士の足立直子です。

 

大晦日もお正月も、恵庭は暖かく晴れ渡ったお天気でした。
これくらいのお天気だと、ちょっとお散歩に出たくなりますね。
私は「寝正月」でした。
ゆっくり休めて幸せなお正月でした。

 

2017年は大変お世話になりました。
2018年、今年はプレイルームを増設しましました!1月4日からスタートします。
皆様の身近な相談室として今年も頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、上の画像はヘルプマークといいます。
皆様、ご存知でしたでしょうか?
2017年から北海道にも導入され、難病の方々がブログなどでも紹介されています。

 

 

以下は北海道のホームページより抜粋です。

 

<ヘルプマークとは>

義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

 

そして以下が私が知らなかった部分です。

 

<対象者>
義足や人工関節を使用している方、身体障がい、精神障がい、知的障がい、発達障がい、内部障がいの方、難病の方、妊娠初期の方など、外見からは援助や配慮を必要としていることがわかりづらい方

 

私はヘルプマークは、難病などの内部疾患のある人のためのマークだと思っていました。
そして「精神障がいや知的障がい、発達障がいの方も、調子がすぐれない時はあるのにな」と思っていました。
今回ちゃんと北海道のホームページを見ることで、
「ちゃんと行政も考えていらしたんだ」と嬉しく思いました。

 

さて、精神障がいをもっている方は、平均寿命が低いことが示されていることをご存知でしょうか。
平均寿命の低さは一つの要因ではなく、様々な要因の絡み合いからなっているものと考えられています。
以下が考えられる要因です。

・ストレス
・タバコ・飲酒などの生活習慣
※タバコはご本人の意思の問題ではなく、お薬の代謝の関係だと言われています。
・持病のお薬の影響
(副作用が直接影響する場合だけでなく、お薬が肥満や高脂血症を引き起こしやすいことも身体に影響すると言われています)
※気を付けたいのは、お薬を自己判断でやめてしまうと、再発を誘発しやすく、最も避けたい自死へとつながることもあるので、決められたお薬はしっかり服用しましょう。
・自死の確率の高さ

 

そして私が心配しているのは、「心因と判断されやすいけれど、本当は身体の症状だった」ということです。
私は身体疾患がありますが、長い闘病の中では、自分でも良く分からない症状がでてくることがあります。
主治医に「気持ちも影響しますからね」と言われて、自分でも「そうかな」と思っていたけれど、実は持病の症状だった、ということが何度かあります。
精神疾患をもっていると、そのようなことが起こりやすくなるかもしれない…と思ったのです。
自分の身体に対して敏感になりすぎることは、精神的には不健康につながりやすいですが、
精神疾患の患者さんにも適切な医療が届くことを祈っています。

 

 

そして先程あげた「ストレス」について少し考えてみます。
この「ストレス」はもともとストレスをためやすい性質も関係しますが、
精神疾患になったことでの周囲の環境の変化もあるかもしれません。
まだ精神疾患を患うことに対する偏見は根強くあります。
この偏見はなかなかすぐに取り除けるものではないでしょう。
でも、周囲がもう少し変わっていくことで、平均寿命にも影響するかもしれない…。
多様性を許す度量のある社会になることを祈っています。

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
なおこ心理相談室

Instagram