「トゥーティッキ 心の散歩道」 ~自分と出会う心理学あれこれ~

menu

なおこ心理相談室 〜札幌近郊カウンセリングルーム〜|トゥーティッキ 心の散歩道

医療機関を選ぶには

皆様、こんばんは。

札幌市近郊恵庭市の臨床心理士によるカウンセリングルーム「なおこ心理相談室」の足立直子です。

恵庭は今日は晴れていましたが、空気がキンと冷えていました。
雪虫も飛び始め、いつ初雪が降ってもおかしくない気温です。
夜寝るときには風邪予防にマスクをすると、のどが潤ってよいですよ。
気温差が激しいですので、お身体ご自愛くださいね。

さて、今日は医療機関を選ぶ時に、知っておきたいことをまとめました。

 

最近では、医療機関にかかるのに敷居が低くなってきました。
予約をとろうとすると、1か月待ちと言われることもあるようです。
また医療機関の名前が「精神科」「心療内科」「神経内科」「クリニック」といろいろな名前で呼ばれることもあり、迷われた経験のある方も多いのではないでしょうか。
今日はそれぞれの名前が何を指しているのか、を皆様とみていきたいと思います。

 

「精神科」と「心療内科」の違いは?

「精神科」は脳が適切に働かないことによっておこる、心の病を専門的に治療する医療機関です。
主に統合失調症、双極性障害、うつ病、不安障害などを治療します。
一方「心療内科」は、身体の病気が主な症状です。その身体の病気の発症のきっかけや治りにくさに、心理的または環境的要因が関わっている場合(心身症の場合)に治療します。
主に胃・十二指腸潰瘍、高血圧症、過敏性腸症候群、過換気症候群、気管支喘息などを治療します。
軽傷の心身症であれば、精神科医が治療することもあります。また心療内科医は、統合失調症や双極性障害以外の心の病気なら診察することもあります。
このように、主に心が辛いか、身体が辛いかで、ざっくり精神科と心療内科の専門が分かれてきます。

 

では「メンタルクリニック」はどうでしょうか。
これは、精神科への抵抗感を和らげるために、科名を言い換えたものですので、精神科と同じです。
最近はメンタルクリニックの呼び名が多いですね。

 

では「神経内科」はどうでしょうか。
神経内科は、パーキンソン病や脳梗塞、認知症など脳やせき髄、神経、筋肉に障害があり、身体が不自由になる病気が対象になっています。

 

以上のように似た名前の科がたくさんあり、迷われることもあるかもしれません。
今回の記事は、そのような時のガイドの一つになれば、と思います。

 

患者さんが満足して、それぞれの医療機関にかかれますように。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
なおこ心理相談室

Instagram